抑制性の情報伝達
 抑制性の神経伝達物質としては、GABA (ギャバ) が上げられる。抑制性の神経細胞から遊離されるGABAを合成する酵素のひとつをはたらかなくしたノックアウト(KO)マウスでは、興奮と抑制のバランスが最適化されず、臨界期が始まらない。このKOマウスや臨界期が始まる前の野生型マウスでは、GABAを受けとる受容体のはたらきを高めてやると、機能の可塑性が高まることから、GABAが臨界期の開始に関与していると考えられている。
CLOSE

Javascriptをオフにしている方は
ブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。