ゴルジ博士
 イタリアの神経学者カミーロ・ゴルジ (1844-1926)。
 銀を使った染色方法で神経細胞の可視化に成功し、神経細胞内で入り組んだ器官を発見した。その細胞小器官は、彼の名にちなんで、「ゴルジ体」と名付けられている。
CLOSE

Javascriptをオフにしている方は
ブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。