1920年にGarner,Allardがタバコの変種の研究から、開花の制御には日長が重要な因子であることを発見した。さらに、1925年にRowanが冬期にユキヒメドリを長日条件で飼育して繁殖に成功させ、動物の繁殖においても日長が重要であることを示した。

CLOSE

Javascriptをオフにしている方は
ブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。