生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

「こころ」について

投稿日:2018.12.01 名前:井上道代

初めて投稿します。生命誌研究館を通じ、生命の巧みさ進化の不思議さについての最新の知見に触れわくわくさせてもらっています。「こころ」も、興味が尽きないテーマです。でもまず「こころ」とは何を指すのかについて、共通認識がいるかな…とも思います。私のイメージでは、「こころ」は、感情を指す部分が大きいと感じます。親しい人と分かり合えて嬉しいという感情、見知らぬ人が災害に遭ったに時に自分だったら…と想像し悲しいと感じる感情等々。ちょうど、ジル・テイラー氏の「奇跡の脳」を読んだところですが、右脳と左脳の働きの違いを知り、右脳が、感情の働きに大きく関わっていることを改めてを知りました。また、体と同様に「こころ」も、育てていくものだな…とも思います。人と関わり、嬉しい経験をすることなく、人を信頼する心は産まれません。
一方、「こころ」を《意識》とすると、身体と脳の関係になりますね。身体がなくなっても将来脳の機能をコンピューターに移すことができたら、意識は死なないで生き続けられると考える人が、実際にいるそうです。(意識の移植)。東大の脳科学者の先生が20年後の実用化を目指しているとか。でも、身体在っての《意識》・「こころ」ではないかな…と思うので、この考えには、納得できない思いがあります。(死んで、自分が無になってしまうことのへの恐怖は、この脳科学者の先生同様、私も持ち続けていますが。)身体があり、そこから入力された情報を基に意識・こころが形作られていく。たとえ一卵性の双子でも、いる場所が既に違い、見ている風景が違うので意識は違いますよね。
「こころ」って、アプローチの仕方が多様過ぎて、広がってしまいますね。でもこの問題に、科学的な考え方を基盤にして考え意見を交流できる場を作っていただき、(それを先日見つけたんですが)とっても嬉しいです。ありがとうございます!まだ、思いつきばかりですが、色々考えていきたいです。

お返事

投稿日:2018.12.03 名前:中村桂子館長

初めての投稿をいただき心から御礼を申し上げます。人間が生きものであるというあたりまえのことを大切にしようという、まさにふつうの気持で進めている研究館の活動ですが、日々生きづらくなっているような気がして少していねいに考えたい気持になりました。
「こころ」にこれぞ正解という答はないのかもしれませんが、これまで出されてきた心身二元論や唯物論などに対し、最近出てきている「生物学的自然主義」をとり入れて考えてみたいと思っています。私の場合、「主義」というほどのものはなく、こんな風に考えるというだけですけれど。この考え方を出している本を読むと、生きものであることを大事にしようという私の思いと重なるように思えるものですから。「ちょっと一言」で追い追い考えていきますのでよろしくお願いいたします。

その他

ゲノム編集された「赤ちゃん」誕生について

投稿日:2018.11.30 ニックネーム:相模のラクダ

【中村館長様】
数日前、中国の研究機関から、特定の「感染症」を防ぐために、人間の受精卵に「ゲノム編集処理を行ない」双子の赤ちゃんが誕生しました。・・と、発表し、世界の研究者、及び、人々に、「信じられない!?」という、世界に激震が走りました。信じられない案件です。 ある研究者からは、「踏み込んではいけない神の領域」だとか、「医療技術の発展と、人間の倫理観は、トレードオフ」であるという意見も存在します。両論 あると思いますが、各国研究機関や、政府の 大方の見方は 現状「反対」の意見が大半です。人類未来の医療技術発展に対して、この領域での、ご専門の 中村館長の ご意見を 伺えれば幸いです。宜しくお願いいたします。

お返事

投稿日:2018.12.03 名前:中村桂子館長

「ゲノム編集処理による双子の赤ちゃん」の話、「なんと軽卒な」としか言いようがありません。さまざまな問題がありますが長くなりますので一点だけにします。これはまず「生れた赤ちゃん」が一人の人間(この場合二人ですね)であるということからすべては始まるというところから考えなければなりません。生れた赤ちゃんの人間としての存在を否定することは私たちにはできないのです。私たちにとって人間とはそのような存在です。ですから誕生に関する技術はそれだけの責任を持って考えなければならないのに、そんな気配はまったく感じられません。この場合は特別な人だと思いますが。今の科学や科学技術の流れが研究者に対してそのような強い抑制を求める雰囲気になっていないことが気になります。

中村桂子のちょっと一言

葉っぱの紅葉 蟷螂の黄葉 

投稿日:2018.11.29 ニックネーム:やっちゃん

 山々の紅葉がきれいです。今年は風台風の影響でイチョウの黄葉がちょっと寂しい気がします。が、街路樹や山のもみじの錦はやはり目を楽しませてくれます。
 葉っぱは何故、紅(黄)葉するのか。この歳になって、初めて知りました。冬を前に木々がリスク回避しているのだそうです。葉緑素が減り、赤や黄色の色素が見えてきた。茶色はタンニンの色。植物の自然適応は素晴らしい。葉っぱの変化に合わせてか、蟷螂も体色を変えています。鮮やかな緑から黄緑へ、さらに枯葉色まで。どうやって?昆虫は自分の色を変えることが出来るのですか?不思議です。

お返事

投稿日:2018.12.03 名前:中村桂子館長

今年は猛暑や台風による塩害などで紅葉があまりきれいでないところも多いとは言え、この季節の山々の変化は楽しいですね。紅葉のメカニズムを知ってワクワクしていらっしゃる様子がわかり、次の謎もまた楽しんでいただきたいと思います。

その他

ふつうの女の子

投稿日:2018.11.28 ニックネーム:吉田今出川

初めまして。京都在住の主婦です。先生の視点論点を拝見し、大変感動いたしました。なんだかホッとしたのです。深刻な社会問題が次々に聞こえてくる中で、何も出来ない自分に苦しんでいました。小さな喜びを大切にする事を忘れていたのです。先生に本当に感謝申し上げます。

お返事

投稿日:2018.11.28 名前:中村桂子館長

とってもとっても嬉しいメールです。「視点・論点」の時に紹介したあしながおじさんのジューディの「毎日つまらないできごとにわらいながらあたっていくには、それこそ勇気がいると思いますわ」という言葉をいつも思い出しています。そこから生れる小さな喜びを大切に。お仲間ができてい嬉しいです。

その他

祝:2025年大阪万博決定!

投稿日:2018.11.25 ニックネーム:ラフランス

【研究館皆様】
まずは、55年ぶり、2回目の「大阪万博決定」おめでとうございます!
人生で、2回も、万博を見られる?のは、贅沢ですね。まだ、7年程先の話ですが、この、絶好のチャンスに、貴館 又は、JT様として 何か特別な「企画」を構想してみてはどうでしょうか?! 少し期待しています。

お返事

投稿日:2018.11.30 名前:中村桂子館長

どうでしょう。私はイベントが苦手ということもあってなんだか万博気分になっていないというのが正直なところです。2025年という年の意味を考えてやって下さるといいなと願っています。

1496件中 1 - 5件目 次のページへ »

過去の書き込み

ページの先頭へ