生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

BRHメールマガジン vol.340 新着情報

投稿日:2018.09.16 ニックネーム:相模のラクダ

館長様の「完璧でなくても楽しくがふつう」を拝読した 感想を記載いたします。私の「心」と マッチした所が あったみたいなので・・・。
館長の「人生」の中にも、色々あったのですね。始めて知りました。(あまり、こういう、内容を 発表するには、自信と恐怖が入り乱れた物があるでしょうね?)私の 知人にも「ハンデキャップ」を 持った方が、3人おられます。でも、確かに、若い時は、明るく、マイナス面も、プラスに 変えて、「チャーミングさ」 や、「強さ」 さえ 感じましたが、でも、シルバー世代になると、持病が・・・。でも、長い付き合いなので、ず~っと、見守って あげたいと 思ってます。人生は「山あり、谷あり」が 普通で、みんな(どんな職業の人:文系 理系の研究者、プロ・アマの スポーツ選手に サラリーマン、定年後の方)も それを 乗り越えて 生きて行かなくてはならないのですから。厳しい様ですが、それも、人生と、割り切り、この「物語」の様に、考え方を変えて、どう、マインドを「反転攻勢」に 替えるか だと 思いました!:一生に一度の「人生」ですから、悔いのないもの、楽しいものにしたいですから。(:私の事は別にして・・!)

お返事

投稿日:2018.09.18 名前:中村桂子館長

生きものには完璧なんてどこにもないのに現代社会はなんとなくそれを求めているのでしんどいのではないでしょうか。生きものとしてふつうに生きていこうと考えれば、そんなに厳しいと思わずに自分に合った生き方ができると思っています。

中村桂子のちょっと一言

おともだちになる本に

投稿日:2018.09.11 ニックネーム:teru

今日、「ふつうのおんなの子」のちから」届きました。
毎日新聞の書評を読み、「おんなの子の」知恵を活かしたい・・・
先生の書は何冊か読ませて頂いております。
今回は、理系女子・・(りけじょ)の話でなく、政府が言い出した、女性活躍の場を敢えて本にされたのでは・・私の勝手な解釈で読ませていただくことにいたしました。
内閣府男女共同参画局 ってなんだろう・・おとこのちから・・おんなのちから・・を確認のことか???
ふつうのおんなの子の未来に向かってどう生きるか・・・戦後「おんなの子はどう思い読書からの未来に向かって生きてきた・・先生の人生の風景と思いながら読みたいと思っております。




お返事

投稿日:2018.09.18 名前:中村桂子館長

「ふつうのおんなの子」に関心をお持ちいただきありがとうございます。この子は内閣府とは無関係。お偉い方がおっしゃる活躍は本当の活躍ではないと思っている子です。権力の中に入りこみなさいと言うのですから。ここでいう「ちから」は、権力と最も遠いところにあり今それが一番大事だと思って書きました。

季刊生命誌について

BRH CARD 98号

投稿日:2018.09.09 ニックネーム:相模のラクダ

今回は、京阪神への「台風21号」及び、「北海道地方で発生した大地震」により、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。きっと、この会員の中にも被災された方がおられると思います。気落ちせず、前を向いてください。さて、今回の季刊生命誌98号を拝読し、館長様と岩田先生との「対談」を興味深く感じ、やはり、「心」と「脳」の関係は、一筋縄では解明できないことを認識できました:不思議ですよネ!。また、他の「RESEARCH」も最先端の研究成果をご教授いただき、感謝です。それに加え、「アホウドリ」の繁殖に成功し、当初ひん死の15羽→688羽のヒナを確認され、鳥島のアホウドリの集団は、目標の、5千羽に到達されました。絶滅が免れたことは、世界の生物学への大貢献です。この長谷川先生の人生をかけた、作戦も、生物を思う「心」が、トリガーになったのでしょう。目標達成、お疲れ様でした。アホウドリも喜んでいることでしょう!話は変わり個人的なことですが、今回の付属の「紙工作」の製作に少々失敗したのが残念で、「心」残りとなりました・・・。では、皆様、夏のお疲れが取れ、文化・科学、食欲の「秋」なので、体力・知力の増加に、がんばりましょう!では、この辺で・・・。

お返事

投稿日:2018.09.11 名前:中村桂子館長

「季刊誌」をていねいに読んで下さってありがとうございます。さまざまな分野のさまざまな方のお話ですがどれも、日常をじっくり見て、時間をかけて考えるというところは同じです。今の社会に欠けていることだと思い、そこに注目しています。

中村桂子のちょっと一言

RE:戦争反対

投稿日:2018.09.08 ニックネーム:ミッキー

素敵なコメントをありがとうございます。嬉しいです。
なるほどなと思いました。

台風で、庭のゴーヤと朝顔のグリーンカーテンが、支柱のアルミパイプが折れて全壊しました。自然の力はひどい目に遭った時にわかるものなのですね。食草園の生きものはどうしてるかな・・・

お返事

投稿日:2018.09.10 名前:中村桂子館長

こちらこそ。このページに書き込んでいただくのは研究館活動への励みになります。これからもよろしくお願いいたします。

お返事

投稿日:2018.09.10 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・川名

お便りありがとうございます。台風の力、本当にすごかったですね。家のまわりでさまざまなものが飛んでいくのをただただ眺めて、圧倒されていました。
研究館の食草園は無事です! チョウの幼虫も育っています。

季刊生命誌について

季刊生命誌ハガキより

投稿日:2018.09.07 ニックネーム:法橋登

生命誌97号で「分子から脳の科学へ」を拝読しました。最近私の本「三つの脳の進化」が工作舎から刊行されましたのでご参考になればと思います。

お返事

投稿日:2018.09.07 名前:中村桂子館長

いつも感心を持っていただきありがとうございます。研究はどんどん細かくなっていき、私の脳が悩んでいます。

お返事

投稿日:2018.09.07 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

三品先生のサイエンティスト・ライブラリ「分子から脳の科学へ」を担当した齊藤です。「三つの脳の進化」、現在拝読しています(まだ途中ですが・・・)。現在の脳科学は細胞生物学・分子生物学・機械科学など新しい分野の方も活躍していて多面的ですが、その根っこにある医学や生理学、解剖学の脳研究を振り返り、脳の進化を考える内容で、とても勉強になっています。

1464件中 1 - 5件目 次のページへ »

最新のお返事

2018年09月18日
おともだちになる本に
2018年09月18日
BRHメールマガジン vol.340 新着情報
2018年09月11日
BRH CARD 98号
2018年09月10日
RE:戦争反対
2018年09月10日
RE:戦争反対

過去の書き込み

ページの先頭へ