中村桂子のちょっと一言

館長の中村桂子がその時思うことを書き込みます。月二回のペースで、1995年5月から更新を続けています。

2015年5月15日

使わないことも考える時

中村桂子

『ダーウィンが来た!』。日曜日の夕食後の時間なのでつい見てしまう番組です。昨日はインド洋のクリスマス島にいるというアカガニでした。5000万匹というカニが森から産卵のために9キロほど先の海まで移動する話(ごらんになった方も多いでしょう)。とにかく生きものは子孫へといのちをつないでいくことに必死な存在であると改めて実感しました。

「人間は生きものである」を基本に置くということは、私たちも子孫のことを必死で考えましょうということです。そこで考えなければならないのがやはり戦争です。これまで常に戦いがあったことは確かです。当初はまさに食糧など生きていくために不可欠なものを争っての戦いだったものが、時を経て、より広範な資源争奪になり、更には権力争いになるあたりから他の生きものとは違ってきます。しかも、産業革命以後、とくに20世紀に入ってからは、科学技術が戦争を大きく変えました。

生きものは生存競争に勝ち抜く必要がある、歴史を見れば戦争の連続ではないかという話ではありません。地球上の人のすべてを何回も殺せるだけの核を持っていることがわかっているので、本格的戦争はできません。化学兵器や生物兵器もNoです。けれども、それ以外の兵器であればよいだろうとばかりに、ドローンなどというとんでもないものが使われています。

核、化学兵器、生物兵器は自分も危ないけれど、ドローンは爆弾を落されたところの人だけ。これが判断基準だとすれば、なんと情けない話でしょう。科学や科学技術を専門にする人にとって、「使わない科学技術」は、とても考えにくいものですが、戦争に限らず、そろそろ「使わない科学技術」について眞剣に考える時が来ているのではないかと思い始めています。

みなさんからのご意見生命誌の広場より

心に響く話 その2

投稿日:2015.05.04 / 名前:橘田 篤男

「生き物はつながりの中に」を3時間読んだ後の感想文指導の一部を書きます。書くことによって考えが深まっています。

○ 感想文を難しく考えている人がいるようだけれども、感想文というのは、そんなに難しく考えなくていい。これ(感を指し)感じることね。読んだ時に心に何か残るでしょう。読んだら何かを感じて、それを心に残す。これが、読むということです。
○ 感じたことを残すことが、すごく大事なこと。本を読むだけでなく、人と話をするというときにも、感じたものを残さなくてはいけない。それが、生きているということ。
○ 次に、(想を指し)思う、考えるということがあればいい。すると、もう感想文になる。感じて心に残ったことを考える。考えるときに、6年生ぐらいになると、こういう力が出てくる。(観察 と板書)心に残ったことを観察すれば、いい感想文ができあがる。すると、残ったものが違えば、出てくる感想がみんな違う。それを、今度は観察するのだから、また、この観察の仕方が人によって違うから、同じようなことを感じていても、この観察が違うので感想文がまた違う。そこが、面白い。だから、いろんな人がいることが楽しい。そう考えてみましょう。みなさんの感想文は、そうなっている。
○ さて、山崎さんは「自分と未来のかかわり」と題して書きました。素敵な題です。そして、題にかかわっているところを、見え消しで書き直しています。前より直した方が、すごく素晴らしい。みんなで考えてみましょう。
  この本を読んで子孫がいることが分かりました。
○ これでも、話が分かる。でも、山崎さんは、「分かりました」を題に合わせて直している。また、付け加えもしている。心に残ったことを観察しなおしている。   
      自分のその後に     に気づきました  
 この本を読んで V 子孫がいることが分かりました。
      (追加部分)     (訂正か所) 
こういう気付きが学級を成長させます。心に響く出前授業になりました。

語り合いの続きは「生命誌の広場」へ

中村桂子のちょっと一言バックナンバー

  • 2014年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年
  • 1998年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ