中村桂子のちょっと一言

館長の中村桂子がその時思うことを書き込みます。月二回のペースで、1995年5月から更新を続けています。

2015年7月15日

老哲学者平和を語る

中村桂子

やったあ。イマヌエル・カントの著書を読み終えました。「デカンショ節」なんて最近の若い人には通じないのでしょうか。「デカンショ、デカンショで半年暮らす・・・」。デカルトとカントとショウペンハウエルは悩ましい。でもこれを通過しなければ一人前とは言えないという気持でしょう。もっともこの後の歌詞は「あとの半年ゃ、寝て暮らす」ですが。本来、旧制高校で歌われていたものですが、私が大学生になった頃には、まだ駒場寮という旧制の香りを残す場もあり、みんな少し背伸びをして哲学なるものに挑んでいました。私は難しいことは苦手なので、生化学の輪読に逃げていましたけれど。後にデカルトの「方法序説」は読まないわけにはいかなくなりましたが、相変わらず他は避けてきました。

そして今カントです。しかも昨日の帰りの電車で読み始め、今朝の出勤の電車で読み終えました。タイトルは「永遠平和のために」。小型版90ページですし、誰にも読めるようにととてもわかりやすい言葉にして下さった(池内紀訳)ので読了です。最後は「永遠平和は空虚な理念ではなく、われわれに課せられた使命である」で締めくくられています。紹介しようと思うとすべて書き写したくなる言葉ばかり、小さな本ですし、今きっと図書館にあるはずですから読んで下さい。国会で使われている「平和」という言葉のおかしさがはっきりします。安倍首相はもちろん、すべての大臣・議員に今すぐ読んで欲しいと思います。とにかく明快です。210年前にこれだけのことを言っていたとは。71歳です。

補説に秘密事項、それは一つだけとあります。「戦争にそなえて武装している国は、大いなる平和の可能性に向けての哲学者の言葉に耳を傾けなくてはならないということ。国家権力の代理人である法律家よりも哲学者に優位を認めよというのではない。たまには哲学者のいうことに耳を傾けよというだけのこと」。私も時々こんな気持になります。たまには科学者のいうことに耳を傾けて下さいと思うのです。ユーモアいっぱいで楽しい本です。

引用しないと言いましたが一つだけ。「殺したり、殺されたりするための用に人をあてるのは、人間を単なる機械あるいは道具として他人(国家)の手にゆだねることであって、人格にもとづく人間性の権利と一致しない。」

みなさんからのご意見生命誌の広場より

八雲から気づかされたこと

投稿日:2015.07.22 / 名前:星野順子

NHK「100分de名著」という番組で小泉八雲の「日本の面影」を紹介していました。八雲といえば怪談を想像しますが、今回の本はそれとは違い、外国人の目や耳を通して見たり感じたりしたことが書かれています。
日本人である私たちが当たり前のように思っていた風習や日本人の微笑も、八雲の体験を通して書かれているこの本にはその良さや奥深さが書かれているようで、いろいろ気づかされます。でも、最近はこの美しい「日本の面影」が失われていくようで心配ですね。
季節の移り変わりを、ゆったりと豊かな気持ちで感じることが出来ればと思うのですが、今の日本、もっと違うところでいろいろ考えなければいけないことが多すぎます。
1人1人が真剣にこれからの日本を考えなければ「日本の面影」に書かれているような日本は失われていくように思います。
今の日本、八雲はどのように感じるのでしょうか。

語り合いの続きは「生命誌の広場」へ

中村桂子のちょっと一言バックナンバー

  • 2014年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年
  • 1998年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ