中村桂子のちょっと一言

館長の中村桂子がその時思うことを書き込みます。月二回のペースで、1995年5月から更新を続けています。

2015年3月16日

おかげと言われると面映ゆいのですが

中村桂子

画廊を経営しているお友達から展覧会に行こうとのお誘いの電話がかかってきました。とても明るい声で。

三年ほど前だったでしょうか。彼女からガンが見つかったと聞かされました。そして、自分の生き方としては、このまま何もしないで静かに暮らしたいと言うのです。がん研究は進んでいること、各人のガン細胞を調べ、適切な薬や療法を選べるようになっていること・・・その時私がいっしょうけんめい話したらしい・・・実はあまり覚えていないのですが、それで治療を受ける気になり元気になったのだと彼女が言うので、どうもそのようです。何もしていないのに桂子先生(年下の友人にはこう呼ばれることが多く、いちいち訂正するのも面倒なので、先生でもないのに先生になっています)のおかげと言われると面映ゆいのですが、とにかく元気になったのですから本当に嬉しいことです。

生物学と医学が協同してのガン研究が本格的に始まってから45年。それがゲノム研究へとつながってから25年。まだ、ガンが分かったとは言えませんが、でもどのような病気と考えたらよいかは見えてきています。米国でのガン研究のリーダーが適確な構想を示してきたことが研究の大きな流れを作ったように思います。生きていることを知るのは本当に難しく、調べれば調べるほど複雑さが見えてくるのが悩ましいのですが、でもどこかで、ほんの少しでも、誰かがよく生きることにつながるのは嬉しいと考えて仕事をしていこうと改めて思いました。

みなさんからのご意見生命誌の広場より

がんと社会

投稿日:2015.03.16 / 名前:足立隼

お友達の方が元気になられて何よりです。がんは難しい病気ですね。生物が進化する為には突然変異が必要で、元々は突然変異による多様性の維持の為にDNAの複製にほんの少し誤りの余地があるものだったのが、細胞レベルの適応現象として周りを無視して自分だけが増えようとする者が出てくる。個体レベルではがんであっても、細胞レベルでは「適者」なのが厄介なところです。だから細胞内にはDNA修復遺伝子、がん抑制遺伝子や細胞死の機構、体内にはがん免疫もあって何重にも防御機構が働いている。多様性を適度に維持するのにはいろいろコストがかかることが分かります。がんの話がヒトの社会の話に直ぐには結びつかないと思いますが、どうすれば全体として調和のとれた社会を作ると同時に多様性もある程度維持出来るのか、がんにもまだまだ学べそうなことがたくさんあると思います。

語り合いの続きは「生命誌の広場」へ

中村桂子のちょっと一言バックナンバー

  • 2014年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年
  • 1998年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ