さまざまな交流

タイトル
ミニシンポジウム
「ここまで解った、アゲハチョウの視覚」
昼行性のアゲハチョウでは、発達した視覚が様々な行動で重要な役割を持ちます。木下充代先生によるアゲハチョウ視覚講演のあとにじっくりと議論します。
日時
2015年2月21日(土) 13:30〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルーム
(入場無料、予約不要)
演者
木下充代(総合研究大学院大学)
尾崎克久(BRH チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
内容

目を開けると私たちの周りには色とりどりの世界が広がっています。このヒトに見えている世界は、決して他の動物と同じではありません。それは目でとらえられる光の性質や脳の働きが、生き物によって異なるからです。
花を訪れる昆虫は、優れた色覚を持つことが知られています。彼らにはどのような世界が見えているのでしょう。最近の研究成果から、アゲハチョウの目の仕組みとその見ている世界について一緒に考えてみたいと思います。

タイトル
トークライブ
「サカナとカエルの比較から脊椎動物の形づくりを考える」
日時
2014年1月17日(土) 13:30〜16:00
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルーム
(入場無料、予約不要)
演者
竹内雅貴(川崎医療福祉大学)
橋本主税(BRH カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
内容

サカナの代表選手だと考えられて研究が進んでいる真骨魚類が実はサカナの異端ではないか、むしろサカナの形づくりの原則は両生類によく似ており、両者の共通性が見えれば羊膜類(爬虫類・鳥類・哺乳類)の進化が見えてくるのではないか?ってことをサカナの専門家とともに妄想する会を開きました。

さまざまな交流

  • 2013年
  • 2012年
  • 2010年
  • 2010年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年

ページの先頭へ