季刊「生命誌」

カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。

年間テーマをきめ、対談や研究・研究者紹介など、人を通して考える季刊『生命誌』は、ホームページで閲覧する「生命誌ジャーナル」と、工夫した表現でのエッセンスを楽しむ「BRH カード」の組み合わせで季節ごとにお届けしています。

一年の内容を、編集し直して書籍にまとめた「生命誌年刊号」と合わせて、三つの媒体で考えるという独自の試みをお楽しみ下さい。

生命誌ジャーナル

2016年間テーマゆらぐ

今年の動詞は「ゆらぐ」です。生る、関わる、続くなど生きもののありようを示す動詞を考えてきた中で、常に頭の片隅にあった言葉です。一見マイナスに見えますが、実は、生きものが長い間続いてきたのは、「ゆらぐ」という現象があったからです。DNA→RNA→タンパク質という基本的な情報の流れにさえ、ゆらぎがあります。すべてが決まりきっていたら、進化もなくどこかで滅びていたでしょう。ゆらぎが生み出す生きものらしさに眼を向け、それを生かした柔らかさをもつ社会につなぎたいと思います。大地も時にゆらぐことで続いてきていることを忘れずに、生き方を考えなければなりません。

生命誌ジャーナル最新号 バックナンバーはこちら

BRHカード

ジャーナル記事のエッセンスが詰まったCDサイズのカード読み物

無料送付お申し込み

カードサンプルを見る

住所変更はこちら

送付中止はこちら

BRHメールマガジン

毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。

生命誌年刊号

生命誌の一年を伝える魅力的な本です。是非お求めください。最新号は『つむぐ』(2015年度84号-87号)です。

  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ