生命誌ジャーナル42 2004年 秋号

カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。

2004 Biohistory's Theme 年間テーマ「語る」「語る科学」 第1回 第2回 第3回 第4回 年刊号
 生命誌の誌は歴史物語の意味。英語ではHistoryです。ギリシャ哲学の藤沢令夫先生がHistoryの原意は調べる、次いでそれを誌す、その結果歴史が生まれると教えて下さったのを思い出します。調べる時に、考えると感じる(更には愛づる)を一体化させるとよい物語が生まれる。誌すは、語ると重なります。生命はやはりとことん解明するというより、調べ、誌し、語ることによってわかってくるものではないでしょうか。
  トークの遠藤さんは、「語る」の権化。言葉が身体と、一体化して生まれてくる「語る」のすばらしさを実感できる舞台を是非ごらんください。リサーチはメダカとクモ。実験室モデルからは得られなかった新しい物語を語ってくれます。武田さんは生命誌仲間と思っていますし、クモは研究館の仕事。堀田さんは脳と遺伝子という新分野を開きながら、脳の複雑さそのものへ挑戦しようとしている意気に感嘆し、共感します。文化の中の生きもの、生命誌講義など研究館の新しい活動にも注目して下さい。(中村桂子)
 TALK −対話を通して−
語る舞台
世界観を築く 
遠藤啄郎 劇団横浜ボートシアター代表
中村桂子 JT生命誌研究館館長
 RESEARCH −研究を通して−
語る科学
メダカ−日本が育てたモデル動物 
武田洋幸 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
なぜ今、クモなのか? 胚発生が描く進化の道すじ 
研究マップから 本文から
秋山-小田康子 科学技術振興機構 さきがけ21 研究員(JT生命誌研究館 派遣研究員)
小田広樹 JT生命誌研究館 研究員
語る表現
ART in BIOHISTORY 【日本文化の中の生きもの】
描かれた生きものをさぐる
 
 SCIENTIST LIBRARY −人を通して−
生きものの理論を探して 
堀田凱樹
東京大学名誉教授、
国立遺伝学研究所名誉教授、
総合研究大学院大学名誉教授、
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構長

<< 前の号へ >> 次の号へ

年間テーマ語る 人間の知的活動は、自然という書物を読もうとするところから始まりました。その中で科学は、数学という誰もが納得する方法で自然のもつ秩序を示してきました。しかし、研究が進むにつれて、秩序の奧にある混沌が見え、そこにふしぎがたくさんあることがわかってきました。宇宙、地球、生きもの、人間。それぞれが持つ、矛盾をも含んだ秩序を知るには、対象を分解し尽くそうとせずに、言葉やイメージの持つ力を活かして「語る」ことが必要だろうと思うのです。生命誌は生きもののもつ歴史物語りを語る知です。細分化した科学ではなく、自然そのものを知る「知」を創り出す第一歩がここにあります。

ジャーナル記事のエッセンスが詰まった
CDサイズのカード読み物
カードサンプル 42号のカードのサンプルをご覧になれます。
サンプルはこちら
※年4回(5月、8月、11月、2月)刊行予定
※FlashPlayerのバージョン6以上が必要になります。見ることができない方はこちらからダウンロードしてください。
カードにだけついてくるおまけやBRH活動情報がたくさん!
  無料送付お申し込み ※最新号からのお届けになります。
バックナンバー一覧

生命誌年刊号
『語る科学』生命誌年刊号 2004
(A5版・220ページ)
定価:1,600円(税込)
発行:JT生命誌研究館
発売:新曜社
発行日:2005.05.01
『語る科学』生命誌年刊号 2004  中村桂子 編集
季刊「生命誌」41号〜44号を一冊の本にまとめました。

年刊号の購入について
『語る科学』生命誌年刊号 2004は、全国書店でお求めになれます。
※研究館グッズコーナーおよび通信販売でも取り扱っています。

※図書館などの公共施設での閲覧・貸し出し用として、一冊に限り無料で寄贈しています。ご希望の方は下記の申し込みフォームよりご相談ください。
公共施設向け申し込みフォーム

BRHメールマガジン
毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。下記フォームよりお申し込み下さい。

BRHメールマガジン申し込みフォーム

ご意見、ご質問
季刊「生命誌」へのご意見・ご感想はこちらから 
  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ