生命誌ジャーナル44 2005年 春号

カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。

2004 Biohistory's Theme 年間テーマ「語る」「語る科学」 第1回 第2回 第3回 第4回 年刊号
 共通・多様・階層・歴史など生命の持つ本質を具体的な形で見せてくれるゲノムから生命の物語を紡ぐ方法を探っていると、自然誌の時代に多様な生きものを整理した分類学と人体を知ろうとした解剖学が気になります。
 トークの坂井先生は、体が語るものは言葉にしきれないという実感を語ってくださいました。リサーチは一見正反対の絶滅と共生が進化の鍵を握るという共通点を見ます。サイエンティストライブラリーは初めて海外のA.コーンバーグ博士。酵素大好きという筋を通し、ノーベル賞受賞後、86歳の今も現役です。こういう方が減ったのが残念です。表現の挑戦は、まず、館のシンボルとも言える生命誌の階段がWebに登場です。階段を歩いて疲れることによる時間の実感を大事にしていますが、Webならではの探索もおもしろいでしょう。もう一つは、細胞の実態を探るCG作品「細胞くん」。はたらき者の分子たちの登場です。コメント歓迎です。そして、懸案だった英語カード。今後は定期的発信に努めます。新入館員肺魚くんもよろしく。(中村桂子)
 TALK −対話を通して−
解剖学の歴史
語りきれない人体とゲノム
 
坂井建雄 順天堂大学医学部 教授
中村桂子 JT生命誌研究館館長
 RESEARCH −研究を通して−
語る科学
大量絶滅−生物進化の加速装置 
磯崎行雄 東京大学大学院 総合文化研究科
共生のしくみ−植物と土壌微生物の遺伝子ネットワーク
研究マップから 本文から
林誠 大阪大学大学院 工学研究科
語る表現
ART in BIOHISTORY 【日本文化の中の生きもの】
観察と表現
 
 SCIENTIST LIBRARY −人を通して−
酵素に恋して 
アーサー・コーンバーグ
スタンフォード大学医学部 名誉教授

英語版)Fell in Love with Enzymes 
Arthur Kornberg,
Professor Emeritus, Department of Biochemistry at the Stanford University School of Medicine


<< 前の号へ >> 次の号へ

年間テーマ語る 人間の知的活動は、自然という書物を読もうとするところから始まりました。その中で科学は、数学という誰もが納得する方法で自然のもつ秩序を示してきました。しかし、研究が進むにつれて、秩序の奧にある混沌が見え、そこにふしぎがたくさんあることがわかってきました。宇宙、地球、生きもの、人間。それぞれが持つ、矛盾をも含んだ秩序を知るには、対象を分解し尽くそうとせずに、言葉やイメージの持つ力を活かして「語る」ことが必要だろうと思うのです。生命誌は生きもののもつ歴史物語りを語る知です。細分化した科学ではなく、自然そのものを知る「知」を創り出す第一歩がここにあります。

ジャーナル記事のエッセンスが詰まった
CDサイズのカード読み物
カードサンプル 44号のカードのサンプルをご覧になれます。
サンプルはこちら
※年4回(5月、8月、11月、2月)刊行予定
※FlashPlayerのバージョン6以上が必要になります。見ることができない方はこちらからダウンロードしてください。
カードにだけついてくるおまけやBRH活動情報がたくさん!
  無料送付お申し込み ※最新号からのお届けになります。
バックナンバー一覧

生命誌年刊号
『語る科学』生命誌年刊号 2004
(A5版・220ページ)
定価:1,600円(税込)
発行:JT生命誌研究館
発売:新曜社
発行日:2005.05.01
『語る科学』生命誌年刊号 2004  中村桂子 編集
季刊「生命誌」41号〜44号を一冊の本にまとめました。

年刊号の購入について
『語る科学』生命誌年刊号 2004は、全国書店でお求めになれます。
※研究館グッズコーナーおよび通信販売でも取り扱っています。

※図書館などの公共施設での閲覧・貸し出し用として、一冊に限り無料で寄贈しています。ご希望の方は下記の申し込みフォームよりご相談ください。
公共施設向け申し込みフォーム

BRHメールマガジン
毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。下記フォームよりお申し込み下さい。

BRHメールマガジン申し込みフォーム

ご意見、ご質問
季刊「生命誌」へのご意見・ご感想はこちらから 

  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ