2020年6月20日 オープンラボ   カエルの原腸形成モデル


動画の公開は6月20日(土)・21日(日)で終了しました。

カエルの原腸形成モデルについて説明する動画です。全部で4部からなります。

原腸形成では3体軸(頭尾・背腹・左右)が決定し中枢神経が形成されるなど、将来の基本体制を決定する重要な発生過程です。カエルの原腸形成過程を説明するモデルは前世紀初頭から提案され、現在に至るまで世界中の教科書に掲載されています。私たちは、カエルやイモリなどさまざまな両生類の原腸形成過程を詳細に解析した結果、これら現在常識として受け入れられているモデルは間違いであると結論づけ、新しいモデルを提唱しています。

動画1では、現行のモデルがなぜ提唱されたのか考えうる実験・観察事実を説明します。次に動画2で、現行モデルでは説明不可能な実験事実をご紹介し、それを説明する新しいモデルの提案と、そのモデルの実験的検証を行ないます。動画3では、新しいモデルから考えられる胚の最小領域の決定と、そこから見えてくる脊索動物に共通する原腸形成機構について考えてみます。動画4は番外編で、カエルの尾部形成について一風変わった実験結果をご紹介しています。時間を短くするために最低限の図で説明をしていますのでわかりにくいところがあるかもしれませんが、高校生物の教科書でも隣に置いてゆっくりとご覧いただけたら嬉しいです。その上で、たくさん疑問や質問など出てくると思います。自粛が明けたらその疑問を持って是非生命誌研究館へ足をお運びください。

 

動画1  カエルの原腸形成モデル    〜現在のモデル〜 (13分7秒)


 

動画2  カエルの原腸形成モデル    〜新しいモデル〜 (21分40秒)

 
 

動画3  カエルの原腸形成モデル     〜胚を作る最小領域〜 (16分50秒)

 
 

動画4  カエルの原腸形成モデル    〜尾部の形成〜 (13分18秒)