ラボ日記

研究セクターのメンバーが、日常で思ったことや実験の現場の様子を紹介します。月二回、メンバーが交替で更新しています。

2014年9月1日

こんなこと始めてみました。

関西での生活にもだいぶ慣れてきた私は少し前から新しい事にチャレンジしています。自分の研究とは全く関係ないのですが、趣味の一つとして「ゴスペル」を始めました。ミュージカル映画「天使にラブソング2」で使われているゴスペルソング「Oh Happy Day」と聞けばご存知の方も多いのではないでしょうか。私はシスター達の躍動感あふれ、聞いているこちらまでも一緒に体が動き、歌いたくなるあのパフォーマンスに魅了されたうちの一人です。単純に、いつか自分も聞き手ではなく歌う側となりあの一体感を生で体験してみたいと思っていたのが始めるきっかけでした。

ゴスペルとはアメリカの黒人による教会音楽で、いわゆる賛美歌のイメージとは全く異なっています。曲に合わせて手を叩いたり、ステップを踏んだりと体全体でリズムをとり、個人が自由に表現することができます。皆が歌っている中で、アドリブで自由にソロを歌う人やその場でハモリをつけるなど、それぞれの歌に対する解釈で表現しています。まだまだ初心者の私は、普段の生活では出すことのない大きな声を思いっきり出し、リズムを取りながら気持ちよく歌う程度ですが、ゴスペルの魅力にはまりつつあります。自分の強みや弱みをさらに知ることで、歌い方の工夫や楽しみ方も広がり、自分らしく表現することができるようになるのでしょう。この点に付いては、「研究すること」と同じなのだなと感じています。研究していく中で、自分を客観視し、自分の強みはとは何か?弱点は何か?を知ることは次の一歩を進め、自信を得ていくために必要なことだと思っています。新しい土地で始めた新しいチャレンジで自分を広げながら成長していきたいです。

誰かが歌いだすとそれに合わせバンド演奏が始まり、会場全体が総立ちになるパフォーマンスに私も加わることができる日を楽しみにしています。

ラボ日記バックナンバー

  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 催しへ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ