論文

Oda, H., and Akiyama-Oda, Y. (2008)

Differing strategies for forming the arthropod body plan: Lessons from Dpp, Sog and Delta in the fly Drosophila and spider Achaearanea

Development, Growth and Differentiation 50, 203-214.

解説

 本総説は、節足動物のボディープランを形作るための発生プログラムにショウジョウバエ(昆虫類)とオオヒメグモ(鋏角類)で注目すべき違いがあることを、デカペンタプレジック (dpp), ショート・ガストレーション(sog), デルタ (Delta) と呼ばれる遺伝子の解析結果を具体例として取り上げて論じた。オオヒメグモの初期パターン形成においてDppは放射相称性を打ち破るシグナルとして機能する。ショウジョウバエとオオヒメグモの違いは、腹側のパターン形成の仕組みに注目すると理解しやすい。前者は母親由来の転写因子Dorsalに依存し、後者はDppシグナルを拮抗阻害するSogに依存する。さらに、ショウジョウバエとオオヒメグモの違いは、後部のパターン形成の仕組みにも表れている。オオヒメグモの後部形成は尾葉と呼ばれる領域の働きに依存しており、その尾葉は原口付近から生じるDeltaシグナルの活性化を通じて形成される。
 本総説の中では、これらの節足動物門内の違いに加えて、節足動物と脊椎動物のボディープランの関係についても考察している。

関連論文


Hiroki Oda, Sawa Iwasaki-Yokozawa, Toshiya Usui and Yasuko Akiyama-Oda. Experimental duplication of bilaterian body axes in spider embryos: Holm’s organizer and self-regulation of embryonic fields. Development Genes and Evolution. 2019年4月10日オンライン公開(オープンアクセス)



Yasuko Akiyama-Oda and Hiroki Oda (2010) Cell migration that orients the dorsoventral axis is coordinated with anteroposterior patterning mediated by Hedgehog signaling in the early spider embryo. Development 137, 1263-1273



Akiyama-Oda, Y. and Oda, H. (2006) Axis specification in the spider embryo: dpp is required for radial-to-bilateral symmetry transformation and sog for ventral patterning. Development 133, 2347-2357



Akiyama-Oda, Y. and Oda, H. (2003) Early patterning of the spider embryo: A cluster of mesenchymal cells at the cumulus produces Dpp signals received by germ disc epithelial cells. Development 130, 1735-1747

一覧へ戻る