論文

Oda, H., Wada, H., Tagawa, K., Akiyma-Oda, Y., Satoh, N., Humphreys, T., Zhang, S., and Tsukita, S. (2002) 

A novel amphioxus cadherin that localizes to epithelial adherens junctions has an unusual domain organization with implications for chordate phylogeny

Evolution & Development 4, 426-434.

解説

 頭索動物のナメクジウオからカドヘリンリピートをもたないクラシックタイプに属するカドヘリンを同定し、そのアドヘレンスジャンクションへの局在及び接着活性を示した論文。同定したナメクジウオのカドヘリンの細胞外領域の構造は脊椎動物やホヤの典型的なカドヘリンと比べると全く異なっていたが、ウニやハエなど無脊索動物のカドヘリンと比べると共通点があった。この論文では、上皮のアドヘレンスジャンクションに存在するカドヘリンの比較に基づいて、尾索動物の方が頭索動物よりも脊椎動物に近縁である可能性を提唱した。この提案は頭索動物(ナメクジウオ)が脊椎動物に最も近い無脊椎動物であるというその当時の常識的な考えに異議を唱えるもので賛同者を得ることは難しかったが、2005-2006年にかけて私たちの提案を支持する論文が相次いだ。

一覧へ戻る