1. トップ
  2. 催し
  3. 昆虫-植物関連性データベースで解析研究に挑戦

昆虫-植物関連性データベースで解析研究に挑戦

詳細

日時

2020/07/18(土)

場所

JT生命誌研究館ホームページ(昆虫食性進化研究室の研究室サイト)

主催

JT生命誌研究館

内容


蝶が食草選択をきっかけに種分化した様子を理解するため、昆虫と植物の関連性を解析するデータベースを作成しました。
誰でも自由に使えるように公開していますので、実際に操作して研究の現場を体験してみましょう。
※内容については都合により変更になる可能性があります。


★7月18日のレクチャー当日に昆虫食性進化研究室 「昆虫-植物-化合物関連性データベース」にて記事を公開します。

 


 

このイベントを開催する研究員をご紹介

尾崎 克久 (室長)

  • 研究分野 昆虫学, 分子生物学, 生態学
  • 学位 博士(農学)

アゲハチョウを研究材料として、様々な生き物がどのように関わり合いながら「生きている」のか、分子の言葉で理解しようとしています。

チョウが食草を見分けるしくみを探る  昆虫食性進化研究室

研究員レクチャーとは

JT生命誌研究館の研究員が、探求と発見の日々を自らお話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーを聞いた後には、会場も一体となって話の輪が広がります。入場無料、予約不要です。