1. トップ
  2. 催し
  3. 発見:ゲノムに隠れていたタンパク質たちとその働き

発見:ゲノムに隠れていたタンパク質たちとその働き

詳細

日時

2022/01/15(土) 14:00-15:30

場所

JT生命誌研究館

出演者

松本 有樹修 准教授 (九州大学)

主催

JT生命誌研究館

参加方法

※参加無料
※申込み不要

内容


タンパク質はmRNAの読み枠の塩基配列(open reading frame, ORF)をアミノ酸配列に翻訳して合成されますが、データベース(NCBIなど)に登録されているORFは実は(実験結果ではなく)予想配列であるということは意外と知られていません。私たちは、データベースのORFが間違っている例や、データベースにない新規ORFなどを多数発見し、遺伝子改変マウスを用いて新規ORFが持つ多様な生理機能を明らかにしました。本講演ではこれら未踏のタンパク質の世界を俯瞰し紹介します。


講師:松本 有樹修 准教授 (九州大学 生体防御医学研究所 )


 

研究員レクチャーとは

JT生命誌研究館の研究員が、探求と発見の日々を自らお話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーを聞いた後には、会場も一体となって話の輪が広がります。入場無料、予約不要です。