1. トップ
  2. 催し
  3. イチジクコバチの行動観察と行動実験を体験してみよう

イチジクコバチの行動観察と行動実験を体験してみよう

詳細

日時

2022/05/21(土) 10:00 11:30 13:30 15:00 (各回1時間)

場所

JT生命誌研究館

主催

JT生命誌研究館 系統進化研究室

参加方法

※事前予約制
 予定の参加人数に達しましたので受付を終了しました。

内容

イチジク属は熱帯の植物で、世界に約750種、日本では沖縄など南西諸島を中心に16種生育しています。イチジク植物に花粉を運ぶのは、体長約2 mmのイチジクコバチだけで、イチジクとイチジクコバチは「1種対1種」の共生関係で結ばれています。ではコバチはどのようにして自分のイチジクを識別するのでしょうか。5月にはイヌビワ(イチジク属の1種)の花嚢内で冬を越えたコバチが出てきます。ラボ見学とともに、コバチの花嚢への侵入観察、Y字管によるコバチの花選択実験、コバチや花嚢の顕微鏡観察などを体験してみましょう。

●日時 2022年 5月21日(土)
           10:00 11:30 13:30 15:00 (各回1時間)
●場所 JT生命誌研究館
 

※予定の参加人数に達しましたので受付を終了しました。

 

イチジクから出てきたコバチ

 

このイベントを開催する研究員をご紹介

蘇 智慧 (室長)

  • 研究分野 系統・進化・種分化・多様性 学位
  • 学位 博士(農学)

カイコの休眠機構の研究で学位を取得しましたが、オサムシの魅力に惹かれ、進化の道へと進みました。1994年から現在に至るまで、ずっとJT生命誌研究館で研究生活を送ってきました。オサムシの系統と進化の研究から出発し、昆虫類をはじめとする節足動物の系統進化、イチジク属植物を始めとする生物の相互作用と種分化機構の研究を行っています。

DNAから進化を探る 系統進化研究室 

オープンラボとは

生命誌研究の中心「実験室フロア」で生きもの研究の現場に参加する催しです。
実験を見たり、体験したり、生きものを観察したり、研究員と直接語り合ったり、子供から大人までどなたにも驚きと発見が待っています。