1. トップ
  2. 催し
  3. 昆虫と植物の関係を調べよう データベースの使い方を体験

レクチャー&体験 昆虫と植物の関係を調べよう データベースの使い方を体験

詳細

日時

2022/07/16(土) 14:00〜15:30

場所

JT生命誌研究館

主催

昆虫食性進化研究室

参加方法

要予約(先着 30名)
※第一部のオンライン視聴は予約不要です

内容




蝶の幼虫は、ほとんどが決まった植物だけを食べます。どの蝶がどの植物と関わりがあるのかについて、古くからたくさんの研究が行われてきました。先人たちの努力の結果をまとめたデータベースを公開していますので、それを使ってどんな事がわかるのか体験してみましょう。
※実際にデータベースを操作していただきますので、スマートフォンかセルラー通信ができるタブレットの持参が必要です。

●プログラム
    第一部: データベースの使い方を解説 (オンライン配信あり ※オンライン視聴は予約不要)
    第二部: 実践! 昆虫を探して、植物との関係を調べてみよう
    第三部: 見つけた昆虫について報告しよう


昆虫の食草データベース「InsectInDB」の操作画面
 

●ご予約について

当日はスマートフォンか、セルラー通信ができるタブレットをご持参ください。
小学生は保護者と一緒にご参加ください。
お申し込み1回につき1名の参加を受け付けます。複数名でご参加の場合は人数分お申し込みください。

お申し込みは先着順です。
第一部のオンライン視聴は予約不要です。当日このページにお越しください。

このイベントを開催する研究員をご紹介

尾崎 克久 (室長)

  • 研究分野 昆虫学, 分子生物学, 生態学
  • 学位 博士(農学)

アゲハチョウを研究材料として、様々な生き物がどのように関わり合いながら「生きている」のか、分子の言葉で理解しようとしています。

チョウが食草を見分けるしくみを探る  昆虫食性進化研究室

レクチャーとは

JT生命誌研究館の研究員をはじめとするさまざまな分野の研究者が、探究と発見の日々をお話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーを聞いた後には、会場も一体となって話の輪が広がります。入場無料、予約不要です。