1994年9月から95年7月にかけて、ロシア連邦サハ共和国のヤクーツクに3回出かけた。ヤクーツクはシベリア開拓の前線基地となったところで、北緯62度に位置する。ここは夏の気温が30度以上にもなり、冬にはー50度を下回る厳酷の地である。地下の凍結した土壌が融けることのない永久凍土地帯である。ここに住む人たちは、厳しい自然の環境のなかで自然と一体となって生活している。

ヤクーツク郊外のホムスタッハ村を訪問すると、そこには小さな博物館があり、村の歴史や自然の資料が展示してあった。館長さんの丁寧で熱のこもった説明には、この地に暮らす人々の生命力の強さを感じた。住民の生活のなかに博物館がとけ込んでいるのである。これこそ、まさにエコミュージアムの原点である。

エコミュージアムは20年以上も前にフランスで生まれた概念で、「地域および環境における人間の博物館」を意味している。エコという語はギリシャ語のオイコス(=家、家庭、家族)という語から生まれたものである。官庁主導で教育的な色彩の強い従来型に比べると、住民・生命・環境に比重を移した共生型のミュージアムといえる。
ホタルは、古代より水田をつくるために地域に縦横に水路を引き、集落の中の水路には生活用に1年中水を流していたかつての水田農村の水環境にうまく適応していた生き物のようだ。それだけに私たち日本人に身近で馴染みの深い生き物となったようだ。

豊橋市には大植物群落(国の天然記念物)で知られる石巻山や、葦毛(いもう)湿原など変化に富んだ自然がある。そして私のいる自然史博物館をはじめ、地下資源館、二川宿(ふたがわじゅく)本陣資料館など個性的な6つの博物館がある。進取の気性に富んだ35万人の住民がいる。博物館と住民、自然をネットワーク化して、ホムスタッハ村に負けない「工コミュージアム」を豊橋市に構築していくのが私の夢である。

葦毛湿原(協力=豊橋市自然史博物館)

(まつおか・けいじ/豊橋市自然史博物館学芸員)