研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2019年7月20日(土)14:00~15:30
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルーム
タイトル
研究員レクチャー&ワークショップ「形づくりの最初の一歩 ~クモの胚に魅せられて~」
講師
岩崎 佐和研究員(研究員:ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
西井夕紀子(現代音楽家)
内容

第一部:レクチャー「クモの形づくりの最初の一歩」岩崎 佐和
クモの卵ははじめまん丸で、色や形から将来の前後・背腹の方向を予想することはできません。でも、実は目には見えない「遺伝子の発現の偏り」があり、細胞はその偏りを認識して方向を決めているのかもしれない。そのような仮説を立て、ゲノムの情報を元に、クモの卵の中に生まれる分子の偏りを探りました。研究の結果、最初の軸づくりに関する遺伝子の発現の偏りを明らかにすることができたので、報告します。

第二部:ワークショップ「形づくりと偏りー研究・音楽・日常」西井夕紀子×岩崎佐和
日常に起こる音楽の発生過程を見つめてきた現代音楽家 西井夕紀子さんと会場のみなさんとで、レクチャーについての疑問や意見を交換します。一緒に考えたり、音楽を作ることに置き換えたりしながら、クモの胚の中で起こっていることの考察や体感を試みる時間です。

■音楽家プロフィール
西井夕紀子
作曲家。演劇やダンス、ドキュメンタリー映画への楽曲提供を行うかたわら、人が音楽を奏ではじめる瞬間・作りはじめる瞬間に魅力を感じ、文化施設、福祉施設などでワークショップを実施。ロックバンドFALSETTOSメンバー。東京芸術大学音楽学部音楽環境創造学科卒業、同大学院修了。
ウェブサイト https://www.yukikonishii.com/

2019年研究員レクチャー予定

01月19日(土) 13:30〜 ふたたび、カエルの形づくりとは?(終了)
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ)
03月16日(土) 14:00〜 レクチャー&体験「チョウの飼い方を体験しよう」(終了)
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
04月20日(土) 14:00〜 イチジクとイチジクコバチの種分化プロセスを考える
〜最新の研究成果を通して〜(終了)
蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)
07月20日(土) 14:00〜 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)
09月21日(土) 14:00〜 宇賀神 篤研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
11月16日(土) 14:00〜 有本 晃一研究員(DNAから進化を探るラボ)
11月17日(日) 14:00〜 秋山-小田康子研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)
12月21日(土) 14:00〜 小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)

これまでの研究員レクチャー

  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ