研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2017年9月16日(土)14:00〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルームにて
講師
岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ)
タイトル
鋏角類のクモの体軸はどのように確立されるのか?その調節能力は?
内容

 節足動物や脊椎動物を含む左右相称動物は全て、発生初期に確立される体軸(前後軸・背腹軸)に沿って複雑な体のパターンを作っていきます。しかしながら、体軸を確立するための分子的なメカニズムは動物の進化の過程で多様に変化してきました。例えば、脊椎動物の両生類では母性因子と精子の侵入点が将来の体軸を決定し、鳥類では最初の対称性を破るのに重力が関係することが知られています。一方、節足動物では昆虫のショウジョウバエで母性因子による体軸形成プロセスが非常によく研究されています。
 私たちの研究室では、節足動物の中でも進化的に早い段階で昆虫の仲間と分岐した鋏角類のクモを用いて体軸形成の分子メカニズムを研究しています。クモでは古くから重複胚が知られており、発生がある程度まで進んだ胚でも体軸を調節する能力があることも研究の魅力の一つです。レクチャーでは、これまでの知見に加え、次世代シーケンサーを用いて探索した最新の研究結果や、実験で得られた前方重複胚についてご紹介します。

2017年研究員レクチャー予定

01月21日(土) 13:30〜 「進化の過程で脊椎動物はどのように現れたのか?」(終了
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
02月18日(土) 14:00〜
16:00
「アゲハチョウの飼い方を体験しよう」(終了
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
04月15日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)(終了
06月17日(土) 14:00〜 尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)(終了
09月16日(土) 14:00〜 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
10月21日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ
11月18日(土) 14:00〜 小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

これまでの研究員レクチャー

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ