研究員レクチャー

JT生命誌研究館の研究員が月に1回づつ、現在おこなっている研究について話します。
進行形の研究、そこで考えたこと、苦労話など研究を身近に感じる絶好の場です。
レクチャーの後には、質疑応答の時間をゆっくり取っていますので、研究をより深く知りたい方におすすめです。入場は無料、予約不要。質問歓迎です。お気軽にご参加ください。

次回の研究員レクチャー

日時
2017年6月17日(土)14:00〜
場所
JT生命誌研究館 1階カンファレンスルームにて
講師
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ)
タイトル
チョウと植物の関係を大量データから理解する
内容

 チョウの幼虫の食草は限られており、食草の変更が種分化に強く影響したと考えられています。しかし、食草選択がどのように行われているか、基盤となるしくみは十分に理解されているとは言えません。図鑑や論文には、チョウと食草の関係について多くの情報が蓄積されていますが、それらを全て読み込み記憶し、知識として活用するのは困難です。
 そこで私たちは、日本のチョウについて文献情報をデータ化し、チョウと食草の関係と、植物化合物との関係を統計学的に解析しました。その結果、多くのチョウは基本的に特定の科の植物に依存していますが、ごく一部の種はエサとして毒性の低い植物を共有していることがわかりました。これは、チョウが食草を変える際に、一度「安全な」植物を利用し、その後に植物分類群としては大きく異なったとしても化合物レベルでは類似する植物へ移行した可能性を示しています。食性転換が起こるしくみを知る重要な手がかりです。
 このようにコンピューターを外部の脳として使い、大量データから新たな知識を抽出する研究を紹介します。今春論文が出たばかりの旬の研究成果です。


ミカン科を食草とするナミアゲハ(下)とセリ科を食草とするキアゲハ(上)

2017年研究員レクチャー予定

01月21日(土) 13:30〜 「進化の過程で脊椎動物はどのように現れたのか?」(終了
橋本 主税研究員(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ
02月18日(土) 14:00〜
16:00
「アゲハチョウの飼い方を体験しよう」(終了
尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
04月15日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ)(終了
06月17日(土) 14:00〜 尾崎 克久研究員(チョウが食草を見分けるしくみを探るラボ
09月16日(土) 14:00〜 岩崎 佐和研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ
10月21日(土) 14:00〜 蘇 智慧研究員(DNAから進化を探るラボ
11月18日(土) 14:00〜 小田 広樹研究員(ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろうラボ

これまでの研究員レクチャー

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • 2003年度
  • 2002年度

ページの先頭へ