生命誌ジャーナル 2010年 春号

RESEARCH — 研究を通して —

進化と生態のつながりを示す周期変動

東京大学 吉田丈人
<食う-食われる>の関係にある生きものは、互いに影響をあたえることで、周期的に変動すると考えられます。小さな生態系の観察で、これまでのモデルでは説明できない振動パターンを発見しました。迅速な進化と生態系現象のつながりを探ります。
RESEARCH

 生命誌ジャーナル 2009年 秋号