表現を通して生きものを考えるセクター

研究成果や考えをどう表現するか、独創的な表現は新らしい考えを生み出す源泉です。

研究は論文発表では終わらず、皆が楽しめるよう美しく表現するところまでを含むという考えから、表現を受けもつのが「表現を通して生きものを考えるセクター」です。科学も、音楽や絵画のように人の心に伝わるものでなければ社会に入りこむことはできません。研究の表現には定石も正解もありません。まず表現したい研究を選び、スタッフ一人一人が考え、議論し、ものづくりのプロと協力して作品を作り上げます。これは科学の普及や宣伝ではありません。表現することで、科学についての新しいアイデアも生まれます。気持をこめて、独自で美しいものを作る、この基本姿勢で表現を通して生きものを考えるという挑戦です。館の展示生命誌カード&ジャーナルを中心に、インターネット、映像研究館グッズ催しなど、それぞれの媒体がもつ特徴を活かし、組合わせて研究し、新たな表現に取り組んでいます。それが生きものを基本に置く社会づくりにまでつながることを願って。更に知りたい方は是非、こちらへ。

スタッフ

村田英克

チーフ村田英克

平川美夏

スタッフ平川美夏

川名沙羅

スタッフ川名沙羅

齊藤わか

スタッフ齊藤わか

星野敬子

スタッフ星野敬子

渡辺喜美子

館内案内
スタッフ
渡辺喜美子

藤原 正子

館内案内
スタッフ
藤原 正子

岩木 真穂

館内案内
スタッフ
岩木 真穂

室園 純子

館内案内
スタッフ
室園 純子

中井 彩香

館内案内
スタッフ
中井 彩香

竹内 啓一

館内案内
スタッフ
竹内 啓一

スタッフを募集しています。

募集要項はこちら

これまでの学位取得者とそのテーマ

平成17年度 修士論文 坂東明日佳
「日本の分子生物学の動向を捉える試み」
平成12年度 博士論文 三石祥子
「新しい科学伝達方の探求--サイエンティストライブラリーの制作と評価を通して--」

生命誌講義

「生きている」とはどういうことかを考え、人間を見つめる医療への導入として、高槻市内の医学、看護学、薬学、工学の大学生に生命誌講義を行っています。

『「生きている」を見つめる医療-ゲノムで読み解く生命誌講座』特設ホームページへ

表現を通して生きものを考えるセクターに関するお問い合わせ

私たちの活動に興味をもった方、より詳しく知りたい方、共にはたらきたい方は、気軽にお問い合せください(やる気のある方を、随時、募集中です)。スタッフ・館内案内・業務委託などの他、さまざまな関わり方の仲間が協力して、生命誌の作品づくりを行っています。一人一人の専門性をいかして、生きもの研究のおもしろさを表現することを目指しています。

メールフォームでのはお問い合せはこちら

〒569-1125 大阪府高槻市紫町1-1 JT生命誌研究館 村田英克
tel:072-681-9755
fax:072-681-9744

公的研究費運営・管理に関する実施要領

公的研究管理に関する実施要領はこちらでご覧いただけます

表現スタッフ日記

表現セクターのスタッフが日常に思ったことを紹介します。

詳細はこちら

研究館グッズ

生命誌研究館での表現研究から生まれた独自のグッズです。ペーパークラフトやトランプ、映像作品や書籍もあります。

詳細はこちら

BRHメールマガジン

毎月1、15日に生命誌研究館の催し、ホームページの更新情報、刊行物「季刊・生命誌」の情報などをお届けします。

詳細はこちら

  • 研究感へ行こう
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ