1. トップ
  2. 季刊「生命誌」
  3. 季刊「生命誌」15号
  4. Special Story 花が咲くということ
 

Special Story

花が咲くということ

植物の一生のハイライトともいえる『開花』。 花が咲くということは、花が開くことであると思われがちだが、じつは植物は花が開くずっと前からその準備をしている。壁画に花を描いた古代から、遺伝子レベルの研究を進める現在まで、人は『花が咲くということ』をどのようにとらえ、解釈してきたのか。

ハイドンが「天地創造」を演奏した 旧ウィーン大学講堂。(写真:木之下晃)


 

季刊「生命誌」をもっとみる

オンライン開催 催しのご案内

レクチャー

3/16(土)15:00〜

個体発生は進化をくりかえすのか