生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

館長 ご返答ありがとうございました

投稿日:2018.08.10 ニックネーム:たっくん

国立療養所長島愛生園で精神科医として働き 多くの著作を残された神谷美恵子さんについては今年5月に放送されたETV 100分で名著「生きがいについて」にて初めて詳しく知りました。本は借りて途中までしか読めていませんので全編を読んでみます。らい菌に感染したとしてもすべての人が発症するわけではないが 発症し病が進行すると命を奪うのではなく人間を奇形の生きものとしてしまう病 ハンセン病。今は化学療法が療養所にいられた患者さんの初期の化学療法による副作用で病が悪化という犠牲を経て後遺症なく全治することができるようになりました。ハンセン病 らいは病気ではなく天罰や生まれる前の悪行の報いと言われた時代が長く続き畏れられてきた歴史を持ちます。他の生きものなら異形になって成長するのは当たり前だけど人間は異形に対して特別な感情を持ちますね。人間という生きものを考える時 生命誌の一番 最後のところに人間はいると思います。生きものの命の見えない世界を感じることできるはずですからハンセン病 らいを発症された方々が強制隔離により受けた人生被害が繰り返されることのないよう見えない命のつながりの世界を学んで行きたいと思っています。神谷さんのテレビ放送最後の日の前日に大阪市の湾岸に昭和9年まで存在していた療養所 外島保養院の最後の入所者の男性が103歳で療養所にて亡くなりました。日本のハンセン病療養所は療養者がいなくなることで消える運命にあります。日本におけるハンセン病の歴史を後世に正しく伝えることは難しいけれど是非ともやらなくてはと思っています。

お返事

投稿日:2018.08.13 名前:中村桂子館長

とてもていねいに考えていらっしゃいますね。私は生命誌(Biohistory)を考える前にライフステージという考え方を提案しました。人間の一生を考えるもので、誰もが生れ、育ち、老い、死ぬというあたりまえのことを基本にしています。一生の間に誰もが赤ちゃんだったり、病人になったり、老人になったり。弱者がいるのではなく誰もが弱者になるということです。つまり、弱者のない社会はありません。ここからは特定の病気を特別のように捉えて差別をするという考え方は出ないはずと思っています。なんだか差別をしたがる人が目立っているようで気になりますね。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年09月18日
おともだちになる本に
2018年09月18日
BRHメールマガジン vol.340 新着情報
2018年09月11日
BRH CARD 98号
2018年09月10日
RE:戦争反対
2018年09月10日
RE:戦争反対

過去の書き込み

ページの先頭へ