生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.07.03 名前:佐藤良和

酒田市の日本海沖北北西39kmに「飛島」があります。ここに「トビシママイマイ」なるカタツムリが棲息。記載以来、多くの方々は島独自の「いきもの」と考えて来た。しかし、現飛島の陸化の歴史から亜種を産み出す程時間は経過していないと考え、その来歴を追ってきました。既に55年になります。最近、記載された1931年の数年前以前には、島にこれはいなかったと結論出来るところに到達。この思考の経過とこれらに関わった人々の取り組みとその人物像について記述しています。学生時代(1960年代)オサムシに熱中しました。Damasterの地理的変異の謎からカタツムリを探る事になり、やがてトビシママイマイをめぐる問題に到達、その後「生命誌」に出会い、以来、「生命誌」に学んできました。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

学生時代はオサムシに熱中され、それがカタツムリのご研究につながったとのこと。生命誌研究館の研究もオサムシのDNA研究が始まりでした。55年もの間、トビシママイマイを追い続けてその始まりを突き止められたとは素晴らしい。1931年以前はどこにいたのでしょうか、どのように島にやってきたのでしょうか。その起源にますます興味が湧きますね。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:中村桂子館長

カタツムリの研究55年の間にはたくさんのエピソードがおありのことと思います。また「生命誌の広場」にエッセイ風に投稿して下さると嬉しいです。
我が家(東京)の庭もカタツムリがたくさんいたのですが最近めっきり少なくなりました。近所で調査をしている方たちも現象していると言っていますので暮らしにくくなってきているのでしょうか。

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.07.03 ニックネーム:teru

BRHをいつも楽しみに・・・中村先生の「ちょっと一言」そのとうり・・・と思いながら読ませていただいております。
今回、ヒストリーを見せていただき・・いいね・・を家内と見せていただきました。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

さっそくのご回答ありがとうございます。100号という節目、サイエンティスト・ライブラリーで改めて中村館長を取り上げました。生命誌研究館の始まりまでの物語は、私自身初めて知ることばかりでとても新鮮でした。後編は12月の掲載です。是非お楽しみにお待ちいただければ幸いです!

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:中村桂子館長

「いつも楽しみに」が一番ありがたい言葉です。なかなかいいことやっている人たちがいるんだよと、お友だちに広めていただけるともっとありがたいです。

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.07.03 ニックネーム:Y.Y

家族で読んでいます。紙工作を実際に作りながら、そもそもの命、、、深く思いめぐらしています。途方もない長さの時間軸、今の時代だからこそ目の前のあれやこれやで流されず、折に触れ思い起こしたいです。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

ありがとうございます。丁寧に考える材料としていただいているようで、嬉しく思います。「そもそもの命」という表現、とても心に残ります!様々な方に、自然のもつ長い時間を感じてもらえたらと願っています。またお考えをお聞かせください。

お返事

投稿日:2019.07.03 名前:中村桂子館長

100号の紙工作あどこかに広げて置いて下さると嬉しいです。時々、宇宙を地球をといろいろなところを開いて、長い時間の中で起きた事柄のどこかに注目してあれこれ考えていると、おかしな競争は止めましょうという気持になれるのではないでしょうか。

祝:BRH CARD 100号

投稿日:2019.06.25 ニックネーム:相模のラクダ

祝【中村館長 及び 職員の皆様へ】
●まずは、BRH 生命誌 cards 100号 記念 おめでとうございます。これも、館長と職員の方々の26年間の努力の賜物と感じました ●幅広い各分野99人の「達人」の方々との対談は有意義で 色々な考え方があることを実感しました ●国際科学雑誌に掲載された貴館 各先生方の高レベルで興味深い「研究:RESEARCH」では 大きな成果が出ていますね! ●記念のBRH cards 100、101号は、きっと 1年程前から 企画立案、準備された結果の産物で、今までの貴館の歴史も理解できて良かったです ●中村館長の お写真付「生い立ち」も、《な~るほど》っと思い、人生 色々だな~ということを再認識しました ●研究者(サラリーマンも)に必要なのは ①好奇心 ②やる気と実行力 ③学力と成果 ④先輩や先生の存在 ⑤[運も]と感じました ●学生たちが生命誌の研究と表現を実現場で体験できる「サマースクール」もミスマッチを防ぐためにも良い企画と感じます ◆今後、中村館長が どういう方向に注力されるのか 思いを お聞きできれば幸いです ●G20大阪サミットが開かれます。どこかの会社のCMではありませんが、100年、200年後の人類が良い意味で、過去の『生命誌』をしっかり理解し、人文・科学共に発展していけることを希望します ●cards 101号も期待しています。それ以後についても、国際的な各トレンド゙を鑑み 今回の様に変革していってください ●最後の「紙工作:ホップアップ゚年表」は グッドアイデア かつ、最大寸法品で 工夫されており 分野別の年表を視覚的に理解でき、作り甲斐もありました! ●では[働き方改革]を実行しつつ お体大切に 貴館長、皆様の更なるご活躍で 研究館の深化されることを願っています。では、・・・

お返事

投稿日:2019.07.02 名前:中村桂子館長

100号への感想ありがとうございます。
おっしゃる通り、皆でコツコツやってきたなあと思います。そして本当にありがたい応援あってのことだなあとしみじみ思います。
ただ、ここでしみじみしているだけではダメという現実があり。101号はどうなるか・・・考えることはたくさんあります。よろしくお願いいたします。

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2019.06.04 ニックネーム:後世おそるべし

中村先生が好きなので読んでいます。

お返事

投稿日:2019.06.04 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・齊藤

 ご回答ありがとうございます。掲載とお返事が遅れて大変申し訳ありません。中村館長にご関心をもって季刊誌お読みいただいているとのこと、ありがとうございます。当ホームページ上の「生命誌アーカイブ」では、中村館長と様々な分野の方との対談記事(TALK)をはじめ、記事の広がりを一覧できますのでぜひまたご覧ください。お考えになったことをまたお聞かせください。

お返事

投稿日:2019.06.05 名前:中村桂子館長

好きって言っていただけると優しい気持ちになれて嬉しいです。季刊誌への注文をお寄せ下さい。

251件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ