生命誌26号:Vol.7(No.4) 春号

カードを楽しみ、細かな内容はWEBで読むというユニークな組み合わせの季刊誌です。


生命誌26号表紙
 
  Column
岡田節人の歴史放談2
黄昏のウィーンの生物学 ─ パウル・カンメラー:岡田節人
(568k)
  Special Story
  DNAを描きだす
正確に研究を表現したい ─ 意味のある絵をつなぐ:工藤光子  
「DNAって何?」 ─ 研究者の立場から:升方久夫  
絵をおこす:川村りら
音を作る:岩野剛晴
絵を動かす:松木洋+松本順子
  BRHサロン
図鑑大国ニッポン:勝山成美
真っ赤な添削文:福田正子
グアチャロ:山田篤美
  BRH Scope
生物はどこまでわかったか?
システムとしての細胞・個体の理解を目指して:加藤和人
  Experiment
コンピュータの中でつくる細胞:冨田勝
カンブリア大爆発のころの地球
地質学と地球科学が描きだす生物進化:松本良
  Art
地獄絵を読み解く:西山克
  Gallery
卵に出会う旅:吉村卓三
  Talk
生命の歴史から人間の歴史へとつなぐ:西垣通 × 中村桂子
  BRH News
骨の展示オープン
  Scientist Library
私の偶然と必然
─ 分子生物学の時代に生まれ合わせて:松原謙一
  Picture Library
時間のメタモルフォーゼ No.22
ヨーロッパの「黄色」史:松田行正

   
  • 生命誌の広がり
  • 生命誌の広場

ページの先頭へ