1. トップ
  2. 季刊「生命誌」
  3. 季刊「生命誌」99号
  4. RESEARCH 発生と再生で容(かたち)が生まれる

RESEARCH

発生と再生で容(かたち)が生まれる

四肢動物は、水と陸の両方で生活する両生類から翼をもつ鳥類、絶滅した巨大な首長竜まで、姿も暮らし方もさまざまです。彼らのそれぞれの形は発生の過程でつくられます。ここでは、発生過程で後ろ足の位置を決めるしくみによって、四肢動物の胴の長さの違いが生まれることを示した研究を紹介します。

また、多くの四肢動物は出生の前後や陸に上がる前後に、再生能力が大きく低下しますが、イモリは陸に上がった後も失った四肢や尾を何度も再生できます。その再生のしくみには血液が関わっているという意外な結果を紹介します。共に生きものの形づくりの共通性と多様性を考えさせる研究です。

 



 

季刊「生命誌」をもっとみる

オンライン開催 催しのご案内

シンポジウム

6/4(土)13:00〜16:30

虫の会 コケ食昆虫の自然史 〜生物の暮らしをたずねる旅〜