1. トップ
  2. 語り合う
  3. みんなの広場
  4. プラナリアはどこにせいそくしていますか。

みんなの広場

その他

2019.11.04

プラナリアはどこにせいそくしていますか。

よっぺ

「プラナリアはどこにせいそくしていますか。プラナリアがほしいです。」
※福岡市科学館「サイエンスどんたく」(2019年11月2〜4日)で設置した「研究者に届く!BRHポスト」に投函いただいたご質問です。

2019.11.22

1. 佐藤勇輝(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ)

プラナリアに関する質問、ありがとうございます。興味を持ってもらえて嬉しいです。

プラナリアは流れの穏やかなきれいな川の石の裏などでよく見られます。関西では京都の鴨川でよく見かけられますし、探せば身近な川にも生息しています。石の裏に張りついていて、顕微鏡を使わないと特徴的な眼が見えないので、一見するとヒルと間違われることも多いです。水を入れた容器の中で観察するとヒルは尺取虫のように体をくねらせて動きますが、プラナリアは体表の繊毛を使って容器の底を滑るように動くので分かりやすくなると思います。

カエルといってもニホンアマガエルやトノサマガエルといった種類が存在するように、実はプラナリアにも複数種が存在します。一般的なナミウズムシと呼ばれる種は日本各地に生息していますが、沖縄に生息するリュウキュウナミウズムシや東北地方に生息するトウホクコガタウズムシといった地域性の種も存在します。また残念なことにアメリカナミウズムシやアメリカツノウズムシといった外来種も日本国内で見つかっており、問題になることがあります。ぜひ身近な川や旅行先の川で石をひっくり返して、色々な種類のプラナリアを探してみて下さい!

2021.07.14

2. Nさん

実家で昨年から見たことがない生物を見ます。調べてみたらプラナリアのようですが、茶色と黄色が混ざった色で60㎝位の長さで蛇のようにクネクネと動き、移動した後にネバネバとした液が残ります。
母がテレビで全く同じ生物を紹介してるのを観たとも話していました。
最近もよく見かけるようです。
これは珍しいんでしょうか?

2021.07.14

3. 佐藤勇輝(形態形成研究室)

コメントありがとうございます。
お伝えいただいた特徴からすると、「オオミスジコウガイビル」と呼ばれる生物ではないかと思います。
いわゆるヒルは環形動物と呼ばれる分類群に分けられますが、コウガイビルは扁形動物に分類され実はヒルよりもプラナリアに近い生物です。この点に関して、Nさんご自身でも調べられてご存じだったようなので素晴らしいです。
ちなみに、扁形動物門には寄生性のサナダムシや住血吸虫も含まれますが、一般的にプラナリアと呼ばれる渦虫綱の生物は他の生物に寄生せず自立して生活します。

コウガイビルが珍しい生物かと問われると、実はそんなに珍しい生物ではありません。
私自身、東京の学習院大学のキャンパス内(池袋の隣駅付近)で見つけたことがあり、こんな都心にもコウガイビルが懸命に生きているんだなと物思いに耽りながら捕まえたことがあります。もしかしたらご実家だけでなく、Nさんの身近にも生息しているかもしれません。

残念ながらオオミスジコウガイビルは外来種であり、もともとは日本にいない生物です。
オオミスジコウガイビルとは違う種ですが、近年では外来種のコウガイビルが小笠原諸島にも生息域を広げ、在来種のカタツムリを捕食して生態系に影響を与えてしまっているようです。
人間の活動によって外来種を広げてしまわないよう注意が必要なのかもしれません。

2021.08.10

4. N.R

自分は今、学校の宿題でプラナリアについて調べていたのでとても助かったです。有難う御座いました。

2021.09.07

5. ムネーニョ虫博士

粘菌が森の中に入って落ち葉や朽木の裏を見ても見つからない‼

2021.09.07

6. 星野敬子(表現を通して生きものを考えるセクター)

森の中で粘菌が見つからないとのことで、季刊「生命誌」記事の中から粘菌に関する記事を探してみました。

●「粘菌のふるまいに見る自己組織化の始まり」澤井 哲 東京大学(2010年65号記事より)
https://www.brh.co.jp/publication/journal/065/research_1.html

●「細胞性粘菌のゲノムでみる多細胞化の舞台裏」漆原秀子 筑波大学大学院生命環境科学研究科(2007年52号記事より)
https://www.brh.co.jp/publication/journal/052/research_11_2.html

●「粘菌に知性はあるか?」上田哲男 北海道大学電子科学研究所(2002年34号記事より) 
https://www.brh.co.jp/publication/journal/034/resarch_11.html

この他にも、ホームページのサイト内検索より”粘菌”で検索いただくと、多数の記事をご覧いただけます。よろしければご覧ください。

2022.04.23

7. K.Tさま

プラナリアで検索して、「駆除方法」などとつないだ文があり驚きました。なぜプラナリアのように汚染のないような場所でしか生息できない動物を「駆除する」必要があるのか、納得できません。駆除を考えた人の生物的感覚を疑います。単に「いなくていい生物」というだけでの発想なのでしょうか?

2022.04.23

8. 平川美夏(表現を通して生きものを考えるセクター)

プラナリアですが、研究館の近くですと芥川などの市街地に隣接する河川や用水路などでも見つかります。そこで身近な淡水の生きもの、小魚や貝やエビなどを観察のために採集すると、プラナリアが混ざっていることがあります。プラナリアは肉食動物なので、集団でこれらの生きものを襲い、自切による無性生殖であっという間に増えて、小さな実験場がプラナリア天下になりますので、困りものと思われる場面もありそうです。
生きものは環境に反応して、食べ物を選んだり、数をふやしたり、さまざまな生きるすべをつかいます。人間が人間の都合でつくりだす環境は、しばしば彼らの生きかたを変え、それが、人間に都合が悪いほうに働くことは少なくありません。「いなくていい生きものなどいない」と思う時、生きものとしての私たちのあり方も問われていると感じます。

2022.05.06

9. プラナリア君

プラナリアは何類に分類されているのですか?プラナリアに興味を持ったので知りたいです!

2022.05.06

10. 佐藤勇輝(カエルとイモリのかたち作りを探るラボ)

プラナリアに興味を持ち、質問して下さってありがとうございます!

プラナリアは扁形動物門・渦虫綱に属する生物の総称となります。
扁形動物門の仲間というとサナダムシや住血吸虫といった寄生性の生物がいますが、プラナリアは他の生物に寄生するようなことはなく自由生活を送っています。

「何類か?」と問われると、魚類や哺乳類といったものは脊椎動物に使われる言葉なので、無脊椎動物のプラナリアには残念ながら適用できません。。。
実を言うと、魚類や哺乳類といった「類」という言葉も分類学上では正式なものではありません。
例えば、ニホンアマガエルは正式な分類としては脊索動物門・脊椎動物亜門・両生綱・無尾目・アマガエル科・アマガエル属になるので、「綱」の部分が脊椎動物では「類」として一般的に使われているようです。

コメントする

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
コメント
アイコン
  • 入力いただいた情報は自動で掲載されません。
    当館の担当者が内容を確認の上、後日掲載させていただきます。
    掲載の折にはメールでご連絡いたします。
  • 内容によっては掲載されない場合があります。
  • メールアドレスは上記以外の目的に使用いたしません。