1. トップ
  2. 語り合う
  3. みんなの広場
  4. 昆虫の祖先はどんな形だったんですか?

みんなの広場

研究

2019.11.04

昆虫の祖先はどんな形だったんですか?

ウコンの力

「昆虫の祖先はどんな形だったんですか?」
※福岡市科学館「サイエンスどんたく」(2019年11月2〜4日)で設置した「研究者に届く!BRHポスト」に投函いただいたご質問です。

2019.11.19

1. 蘇 智慧(DNAから進化を探るラボ)

 昆虫たちはおよそ4億年以上前からこの地球に登場しています。私たち人間の出現より遥か昔ですので、昆虫の祖先を見た人はもちろんいません。しかし、現生の昆虫たちの系統関係と形態、それに昆虫の化石といった情報から昆虫の祖先の形をある程度推測することができます。
 例えば、現生の昆虫がすべて6本の足(成虫)を持っていて、体は頭部、胸部と腹部に分かれています。これまでに発見した昆虫の化石にもこういった特徴があります。従って、昆虫の祖先もこのような形をしていると考えられます。次は昆虫の系統関係から考えてみましょう。昆虫の祖先は甲殻類(カニ・エビ・ミジンコなど)から分岐し、水生から陸上進出を果たしたことが分かっています。図1は昆虫類の系統関係を表している系統樹です。この系統樹をみますと、無翅昆虫たちが先に分岐していて、シミ(図2)がもっとも有翅昆虫に近縁であることが分かります。この系統関係から、昆虫の祖先は現生のトビムシ(図3)のような小型で、翅をもたず柔らかい体制をして土壌生活をしていたと推測することができます。


図1.昆虫類の系統関係の概略図(蘇, 2015)。


図2.シミ


図3.トビムシ

コメントする

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
コメント
アイコン
  • 入力いただいた情報は自動で掲載されません。
    当館の担当者が内容を確認の上、後日掲載させていただきます。
    掲載の折にはメールでご連絡いたします。
  • 内容によっては掲載されない場合があります。
  • メールアドレスは上記以外の目的に使用いたしません。