1. トップ
  2. 展示ホール
  3. 館内展示
  4. 生命誌の階段

生命誌の階段

階段の1段が約1億年です。
38億年の生きものの歴史を足でたどり、永い時間を実感できます。

1~4F中央階段

生命誌研究館のエントランスから入ると目の前に現れる階段。生きものの38億年の歴史を多様性と共通性の2つの切り口からたどる展示です。階段の壁面にかけられた28枚の絵(画:菊谷詩子)を眺めながら登って、降りてくれば、一つの細胞から始まる豊かな生きものの広がり(多様性)とつながり(共通性)を体験できます。

みどころ01

1段が約1億年の階段を登る

階段の一番下は46億年前に地球が誕生した時、最初の踊り場が38億年前、地球に初めて生命体が誕生した時です。20億年前、10億年前、5億年前、現在まで、1段約1億年を登りましょう。

みどころ02

多様性コースと共通性コース

一つの細胞から始まった命は、途切れることなく現在まで続き、どんどん多様になっていきます。登りは、生きものの広がりをたどる「多様性コース」、降りは、多様な生きもののつながりをたどる「共通性コース」です。

みどころ03

「生命誌の階段」をご自宅で

特設ページから「生命誌の階段」の展示をご覧いただけます。展示内容に関わる季刊「生命誌」の記事も収録しているので、各時代の生きものについての研究成果を知ることができます。

  • スマートフォン、タブレット画面に対応しています。いつでもどこでも生命誌の物語をお楽しみください。

ご自宅で物語を楽しむ(特設ページ)

「生命誌の階段」特設ページ閲覧推奨環境

PCをお使いの場合

  • Windows
    OS:Windows XP、Windows 7以上
    ブラウザ:Internet Explorer 11 以上、Firefox 10以上、Google Chrome
  • Macintosh
    OS:Mac OS X
    ブラウザ:Safari、Firefox10以上、Google Chrome

モバイルをお使いの場合

  • iPhone:iOS9以上、ブラウザ:Safari
  • Android:Android5.0以上、ブラウザ:Google Chrome
  • ただし上記推奨環境範囲内であっても、OSとブラウザの組み合わせ等ご利用環境によっては、一部表示に不具合がある場合がございます。