生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

人間とは何か、どう生きるのが幸せか…

投稿日:2019.01.16 名前:井上道代

 更科功氏の『絶滅の人類史』を、興味深く読みました。ホモ・サピエンスは、20数種類いた”人類”の最後の1種に過ぎないことや、進化の長い道のりを知ると、やはり人間は自然の一部だとの思いを強くしました。又、自然の一部でありながら、その進化の道筋(必然と偶然の織りなす道)の不思議さ、そして(他の人類に比べて)その歴史の短さ・かつ地球への影響力の大きさを改めて思い、現状に対する不安をやはり感じてしまいます。
 直立二足歩行という他の生物がしなかった選択を偶然?成功させ、石器を作ることを通じて脳と手を共進化させ、集団の力を生かし進化した脳を使うことで、言語・コミュニケーションを駆使して、個の力を空間的にも時間的にも超えたホモ・サピエンス。でも今は、この地球上での存続について、自らの中に不安を見出している。
 人間は、生物だからやはり生きていきたい。子孫も絶えてほしくない。それが、大前提ですよね。持続可能な環境の中で、幸せに生きたいし、子孫にもそうであってほしい。それに尽きると思います。ただ、持続可能な環境を保つのが難しい現状をどうしたら解決できるのか。幸せに生きるとは、どういうことで、どうすればいいのか。ですよね。  幸せ…。数多の幸福論があり、一人ひとりの背景によって感じ方も異なるので、定義はできないかもしれませんが、人間独自のものとして、いくつか言えると思います。(生きることの基礎としての欲求が満たされることは前提として、)進化の基礎となった、手と脳を使って達成感を得ること。社会と関わり、コミュニケーションを通じて喜びを得ること。これらが満たされない諸問題に、地道に対処していくとともに、自然とのかかわり、農の営みは、館長のおっしゃるとおり、絶対に大切と思います。自然と関わる中でこそ、植物などが育つ日々の変化を、見て触れて気づいてこそ、自然の凄さ・不思議さを、感情レベルでストンと納得できるのだと思います。
 目的とデータを正しく入力すれば、最適解を提示すると言われる、AI。《正しい目的とデータ》とは、なんでしょう。考えていきたい問題ですね。


お返事

投稿日:2019.01.17 名前:中村桂子館長

とても大事なことを書いて下さってありがとうございます。
前にも書いたかもしれませんが、私は二足歩行のきっかけが自分が手に入れた食べものを仲間(家族)に持って帰ることだったという説が気に入っています。私たちは優しい気持から始まったということですから。そこでこの気持を生かすことが生きものとしての人間だと思っているのです。幸せもそんなところにあるかなと。「優」という文字は優秀という時にも使われますが本来は優しいであり、イ(人)を憂うると書いてあるわけで。そんなところから、昨年は「ふつうのおんなの子」を考え続けました。今年もその延長でと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

中から目線・・・

投稿日:2019.01.12 ニックネーム:teru

1月12日 TBS -BS 「戦後の科学技術進歩を見つめて」を見せていただきました。 戦争体験は私も同じですが・・学問の違いは「自分のの頭で考える」だったとも・・多少哲学的な考えを持たれていたとも思います・・
DNA の研究は時間もかかってましたね・・地球の歴史から人類の歴史・・DNAは引きずっている・・講義を聞いておりました・・
人生の満足度 ・仕事・健康・人そして趣味 五 角形の分析イイね・・
と思いながら・・先生はうまいね・・と6年前に生命誌館DNA紹介したCDを見直してました・・ありがとうございました。

お返事

投稿日:2019.01.16 名前:中村桂子館長

関口さんに引きずられて久しぶりです。打ち合わせもあまりなく、急に聞かれて・・・人生の満足度は、まさに「ふつうのおんなの子」としてこれだけできたらありがたいというのが実感です。大きな五角形でなくてもいいと思っています。研究館に関心を持って下さる方がいて下さることでありがとうございますですから。これからもよろしくお願いいたします。

「中村桂子館長の年頭の挨拶」

投稿日:2019.01.09 ニックネーム:狛犬の鏡開き

【会員、及び 研究館の皆様へ】
平成最後のお正月ですね! まず、本年が良い年でありますように願います。
さて、中村館長の「年頭のご挨拶」:ちょっと、一言を 拝読させていただきました。私も、以前から 表現している様に、このまま 科学技術が 発展して行くと「人間性」は、どうなっていくのか心配です。日本は特に、「超少子高齢化」が 実際に、進んでいます。館長が おっしゃっているIot や、AI化は 止まらず「進展」して行き、そのゴールは、SFっぽくて、想像が見えません。「人間性」について、【二者択一論】で良いのか? おっしゃる通り、今が「ターニングポイント」の様な 気がします。「技術発展」と「人間性」を、「トレードオフ」にさせたくはありません。私は、何とか「両立」して行く 方法を早急に考案すべきと考えます。人類を少しでも永く「存続」させる為に、世界全体で、「両立論」を、真剣に議論し、ベクトルを出すべき時期だと思います。大げさかもしれませんが、このままでは、AI化で、人間の必要人口が「減少」するのでは・・・。そう、ならないように、知恵を絞ることです!

お返事

投稿日:2019.01.09 名前:中村桂子館長

早速お考えを書いて下さり、ありがとうございます。先日友人で社会学者の吉見俊哉さんがラジオで平成を統括し「失敗」と明言しました。私も同感です。天皇・皇后両陛下は人間としてすばらしく、世界一のカップルだと思っていますけれど、平成という時代を動かした人たちは、すばらしいとは言えません。吉見さんは「失敗は成功のもとですから」と言っていましたがこれも同感。おかしいと思ったことをよーく見つめ、よーく考えると新しい道が見えてくると思うのです。おっしゃるように知恵を絞ることですよね。ただ私は「両立論」ではなく(おっしゃっている意味は多分私と同じだと思いながらあえて書いています。ゴメンナサイ)人間が主体であり、技術はあくまでも私たちが生き生きと暮らすためにあると思っています。そこで大事なのが人間とはなにか、どう生きるのか幸せなのかということを徹底的に考えることではないかと思っているのです。

中村桂子館長の言葉に「いいね!」

投稿日:2019.01.08 ニックネーム:ラスカル

1月7日のちょっと一言を拝読しました。中村桂子館長は以前、日本農業新聞の「論点」のメンバーであり、非常に親しみを感じておりました。
 最近、関口宏さんのサンデーモーニングで、館長の言葉を聞き、あわててメモをとろうと思ったら、次のコーナーに行ってしまい、残念でした。
 私は常々、「便利は不便ではないか」と考えております。人間にとってスピードや効率を求めれば求めるほど、本当は不便になるのではないかと。例えば、昨年起きたソフトバンクの大規模通信障害。半日、通信がダウンしただけでどれだけ仕事が滞ったでしょうか。機械を操っているようで、機械に人間が左右されている。まさに館長ご指摘の通りだと思います。
そして人間の「こころ」が置き去りになり、利益ばかりを追求する。これって幸せなんでしょうか。館長、私、ファンになりました。

お返事

投稿日:2019.01.09 名前:中村桂子館長

ありがとうございます。今気になっているのは自然離れです。「人間は生きもの」と実感し、機械は生きものとは違うと感じながら機械を使っていくことが必要ですのに基本の「生きもの感覚」がない人がどんどん増えています。そこで生活の中で農業がもつ意味は大きいと思っています。私は生れも育ちも東京ですので残念ながら農業の体験はゼロですが、生きもの研究をするうちに農業のファンになり、勝手に「農業高校応援団」をしています。
これからも思うことを書いていきますので、是非お考えを書いて下さい。よろしくお願いいたします。

RE: 「人間は生きもの」について考える

投稿日:2018.12.26 ニックネーム:ミッキー

あたりまえと書いたのは表現が良くなかったと反省しています。
実はこの夏、庭仕事の際にチョウが私の手の甲に、じっととまってくれたことに感激しました。チョウを眺めながら、自分もチョウと同じ自然の中の小さな生きものなんだな〜としみじみと思いました。貴重な体験でした。私の小さな幸せです。「人間は生きもの」についてじっくり考えようと思っています。

お返事

投稿日:2019.01.08 名前:中村桂子館長

小さな生きものを見ることで「生きている」について考えることはよくありますね。目の前にいることが大事なのでしょう。

732件中 1 - 5件目 次のページへ »

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ