1. トップ
  2. 季刊「生命誌」
  3. 季刊「生命誌」115号
  4. SYMPOSIUM 30周年を迎えて

SYMPOSIUM

ご挨拶

30周年を迎えて

永田和宏JT生命誌研究館館長
 

JT生命誌研究館は、創立以来、ゲノムを切り口として38億年の生命の歴史と関係性を探る研究を続けています。同時に研究の魅力を皆と共有したい、音楽やスポーツのように、科学を文化として楽しんで欲しい。という思いから、科学的知を基盤として社会へ発信する。そんな姿勢を貫いてきました。創立30周年記念のシンポジウムでは、お二人のゲストを迎えて、自然環境の中のヒト、進化という時間を生きるヒト、そして言葉を扱うヒト人という視点から、改めて、生きものとしての人間を考えて、次への一歩としたいと思っています。


ご挨拶の全文はこちら

 

30th ANNIVERSARY

創立30周年記念

 

SYMPOSIUM

生命誌から
生命科学の 明日を拓くⅣ

季刊「生命誌」をもっとみる

オンライン開催 催しのご案内

レクチャー

4/20(土)14:00〜

オサムシからイチジクとイチジクコバチ